趣味の世界

興味のある事

Youtubeでは保坂さんがしゃべりつづけて。

コップは結露した。水に氷が浮かび冷えきった液体は、空気の温かみを凌駕しコップの壁に水滴をつけた。コップは汗をかいた。水滴の連打は表面を流れてゆき、コップの底に水たまりを作った。しかし、それはコップとその地面との間にかくされており、普段は見えない。

コップを掴み持ち上げた。そのときはじめてコップの結露に気がつくことになる。そっと水を飲み、テーブルについた水の上に静かにコップをおいた。テーブルはまた元の顔を取り戻した。コップの結露は何も無かったように黙り込んだ。

そのとき僕はようやくホッとした。その間おおよそ10秒程度。