趣味の世界

興味のある事

ただ描く

絵を描く時に大体の人は雰囲気やモチーフを気にするかもしれない。

 

僕は自分が[ただ描いていること]に昨日気付いた。

 

描くという行動が僕には動機になっていて、描くことがどういう意味なのかはわからず、むしろそこには意味はないんだと思った。

 

手がすらすら動いて、次々描けてるときって自分の場合だとあまりそこに意味が無いのかもしれない。

 

他人の絵や創作物をみると感動する。そこにはその人固有の色があって特色となっている。感動のポイントの一つがそれにあたる。しかし僕の絵は固有の色を持つか持たぬか自分では良く判らない。描けているものがなんなのかすらわかっていない。ただそれが形を成すようなものであるようには心がけている。つまり、初めから何らかの型をイメージし、その型に自分の絵を描く動機みたいなものをつめこんでゆく。すると色を帯びるし、部分は確かな形をもってくる。なにかしらの意味をもつような絵に見えてくる。しかし、自分ではよくわかっていない。それがどのような意味を持つものなのか。曖昧すぎる。駄々漏れる液体がすぐに気化して物質そのものが見えなくなるような感覚を覚える。

いっぱいの手数で描きあげるのだけれども、そこに残るものが何なのかよくわからない。見えないでいる。

 

どうも自分にとっての絵を描く行為とは言葉にならないものであるらしい。

 

作為的に言葉を絵にしてみたいと思う。新しい試み。