読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕は不器用です。

何かしら興味のある事をつらつらと書きます。

絵をば…。

先日(日曜日)、また石原直樹さんの個展へ行ってきました。ギャラリーMsで今週水曜日まで開催されております。岡山県、または近隣に在住の方、よろしければうかがってみてはいかがでしょうか?

 

そこで石原さんとお会いでき、色々とお話をしていくなかで、ギャラリーMsさん主催の展示会に参加してみてはどうか?とお話を頂きまして、是非おねがいします、、と言うお返事を当日にお返ししたところです。

 

つまりは、少女病棟展(2015.2.)から約一年間、またはるばると展示の機会を頂くチャンスがやってきたということです。やったあぁあ〜!

一応オーナーさんには抽象画を描く人なんです、、とお話しているのですが、、どうなることやら、、です。

 

作品としましては、二〇一五年に制作したものと、今年新たに制作しているものをごっちゃにして、選び抜いたものを展示してみようとおもっています。今回は自分のスペースだけでも一つの個体としての展示を成り立たせたい、、という挑戦の思いが強いです。

場所は岡山の天神山プラザで行います。月日は五月の二十四日〜二十九日までとなっています。

 

二十名ほど参加されるということらしいので、かなり面白い展示になるのではないでしょうか。(非常に面白くて刺激的な絵を描く)石原直樹さんも参加されるようで、非常に楽しみです。

 

今更ですが展示会の名称は「MsEXPO特別展〜描きました つくりました たのしみました 〜」というものです。

コンセプトは"自由に楽しく作る!"です。なのでジャンルはフリーですし、審査もありません。まさしく僕の得意とするジャンルですね。笑

 

おもっきし変なもん作ってやろうと思っています。誰の目も気にせず、適当に!

 

それとそれと、石原直樹さんと尾崎公彦さんの二人展が倉敷にある「ぎゃらりぃ しをり」にて三月十七日〜三月二十七日(水曜日は休廊)(am10:00~pm5:30)の間入場無料で開催されるようなので、ぜひお近くの方はどうぞ御立ちより下さい。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

僕がいままで購入したり、頂いたりした絵の紹介です。⬇

 

f:id:YYYYYYYYYYmmm:20160314232015j:plain

つぽたんぬさん(@tptnwith)

お気に入りな一枚です。非常に強いインパクトがありながらも、自室に程よく馴染んでおります。この絵が買えて本当に幸せです。

 

 

f:id:YYYYYYYYYYmmm:20160314232123j:plain

小菅星奈さん(@watashi_hoshina)

この絵を飾って幸せになってください、、と伝えられたことは忘れていません。幸せになるように日々頑張らさせて頂いています。ブルーの発色が好きです。とても綺麗な絵をありがとうございます。

 

 

 

f:id:YYYYYYYYYYmmm:20160314232031j:plain

ライさん(@miglia_rai)

お手紙にしのばせて送ってくださった一枚の絵です。心配事の多かった僕を元気づけてくれようとして描いてくれたんだろうと察しています。あれからずっと飾らせて頂いています。お守りのように思っています。ありがとうございます。

 

以下、僕の絵です。

 

f:id:YYYYYYYYYYmmm:20160314231938j:plain

 

 

f:id:YYYYYYYYYYmmm:20160314231958j:plain

 

 

二枚描きました。大竹シンロウ臭がしますね。笑

 

非常に絵がポップになってきたな、、と感心しております。

仕事もせず、家を飛び出し夏の炎天下の中、絵を描いていたあの時分の色使いとはやはり印象が若干違います。この変化を嬉しいことだと捉えて、絵を描いていきたいとおもっております。

 

展示へのお誘いから、またモチベーションが上がってきております。それまでは一日一枚の漫画しか描いておりませんでしたが、しばらくぶりに絵が描けております。あまり首を捻って小難しい挑戦的な絵よりも、すこし自然体な気持ちでやりたいように描こうと思います。それがどういう形のものなのか、想像もつきませんが、お楽しみにしておいていただきまして、ぜひ五月に展示会へと足を運んで頂ければそれに勝る喜びはありませんッ!

 

絵ってすごいですよ。間近でみてください、触れてみて下さい。帰るころには幾分か気分が変わっているはずです。描き手の感情の爆発や静謐さが目に見えないところで、見ている人に伝わってしまう、という不思議な体験を経験して欲しいな、、と思います。

 

きっとその体験は楽しいと思いますよ!