趣味の世界

興味のある事

仕事は9割ヒトよね?

派遣の送迎バスの中で耳にした。しゃべってたのは女子大生かな。

数日前に仕事についてこのような意見が交わされていた。

 

ん〜〜〜〜・・・・・・・・・・・・・違うと思う。。。

 

昨日風呂で考えていた。このことをふと思いついて、だらだらと。。

最初はあんま気にしなかったんだけど、やっぱどこか胸の隅の方で引っかかってたようだ。9割、、なんていうのはまずおかしい。感覚でモノを言っているのか、それとも何かの情報から割り出された計算なのか、、。おそらく自身の経験からそう断言できる何かがあるのかもしれない。でも、それ自体、大体感覚に因るものでもあると思う。経験と感覚から割り出された、仕事=9割ヒト、、という理論。なるほどねぇ〜。そういう意見もあるかもしれない。

 

僕は人間性も仕事の能力も等しく必要とされるものだと思っている。どちらかが欠けると大体踏み外す。もれなく組織からは漏れる。仕事場によってもこの人間性と仕事の能力の必要さ加減は変わるけれども、大体が等しく求められるのじゃなかろうかとこちらも自身の体験から算出してみる。

僕の体験からいえば、面接では受かる。つまり人間性を否定されることは無いと考える。この人ならまあ仲間にいれてもいいだろうと思われてると信じたい。真相はようわからんが。しかしその後の仕事ぶりではガタガタである。おそらく本質的に苦手なことを求められることが多く、当然出来ないことが多い。それを見抜かれては仕事を辞めてきた。辞めてくださいと言われてきた。もちろん出来ると信じてくれた場所もありはしたけど、仕事でミスを連発し、上司に頭ごなしにやられてたので、その職場に出向くのが苦痛になり行くのを諦め、辞めてしまった。

一人の人間の仕事がうまくいかなくなったら、その会社の仕事は全体的に機能しなくなってしまう、、わけはないのだが、実際は仕事が上手くできない人間が居たら、廻りのだいたいの人間はその人のことを邪魔者だと見なすことがわかってきた。(こんな当たり前のこともよくわからなかった。誰かが助けてくれると思っていたところもあった。)

 

というわけで、仕事=9割ヒト(人間性)、、、というわけではなさそうである。

 

youtubenumber girl聴いてるけど、半端なくかっこいい。

ライブ行きたかったなあ〜。ライブハウスみたいなちっちゃなところで聴いてみたい。