僕は不器用です。

何かしら興味のある事をつらつらと書きます。

ギター

最近はずっと忌野清志郎さんのデイドリームビリーバーを演奏練習している。

 

音の連なりの聴こえが良いのか、何度も失敗してやり直していても飽きない。

普通は音に飽きたりするのではなかろうか。

 

さすがはデイドリームビリーバーといった感じ。

 

コード譜「デイ・ドリーム・ビリーバー : 忌野清志郎」初心者のためのアコースティックギターサイト k.natsu.brand.81

 

ここをブックマークしている。常に開けるようにしておき、開いてはコードを見ながら弾いてみたり、もうそろそろ覚えてきたな、、と思えば、一回通しで弾いてみたり。

音ズレは多少はあるが、コード進行などの失敗も少なく上手くいくとたまらなく気持ちがいいものだった。

 

今日は「誰でも弾ける!アコーステイックギター 著:瀧澤克成」を購入した。

新刊書店にて小一時間ほど5~6種類ほどあったアコギ本の中から選んだ。全ページカラーで、コード譜も必要な箇所には丁寧に載ってて、解説もわかりやすい。一番自分にふさわしい本であろう、、と半ば当てずっぽうで買ってきた。こういった実用書を選ぶ時の判断基準がイマイチわからんので困る。何が自分にとって理解しやすいのかは、使うまでわからなかったりする。ペラペラとページをめくって自分にとっての参考書のベストをすぐに選び取ってしまうひとは大体、勉強が得意だったりする。僕の友人等がそれだったから、身に覚えがある。

 

そういう能力は僕にはあまり必要ではなかったらしく、そこまで特化されてはいない。まあ、あれこれ考えつつも"これでやろう!"と決められたのでめでたいことである。

 

ギターはすごい!楽器はすごい!!

i-podなくても音楽を聴ける。(自分で弾くんだけど)

 

死んだとき、i-podが無くて困らないように、ギターを弾けるようになっておきたい。

この身あればある程度用意できるくらいの技術を身につけていたい。

 

とりあえず、デイドリームビリーバーは同期完了した感じである。

しかし、あの世で譜面わすれてしまったらどうしたらいいのだろうか・・・?

 

なるようになるんだろうか?

 

そこがまずまず不安である。

記憶力には自信がない。