趣味の世界

興味のある事

INFP型

やってみました。

結果はタイトルにもある通り、INFP型というものでした。

 

ジャン!

 

こちらがINFP型の特徴を書き表してくれているサイト。

なんとも、見事に自分だな、、と感じます。

 

"自分で自分にダメ出しをする習慣を持っているにもかかわらず、同じことで人から批判されたり注意を受けたりすると感情的に受けとめてしまい、傷つい てしまいます。そんな時、このタイプの人はもともと平和主義者なので、言い返すなどして関係をこじらせるようなことはしません。そのかわり、その時の不満 や怒り、悲しみを自分の内側へ内側へとため込み、何年でも心の中でくすぶらせている事が多いようです。
もともと感情を外側へ放出するのがとても苦手なタイプなので、よほど親しい人でもこの人の「深すぎる」心の内を完全に理解するのはほとんど不可能でしょう。"

"川の流れを見てみると、水面に波が立っているところと立っていないところがあります。波立つところはたいがい浅瀬で、川底までよく見えます。逆に波が立っていない場所はたいがい深く、川底がまったく見えません。
この「あまりに(感情が)深すぎて、表面的には(感情の)波がまったく立っていない」というのが、まさにINFPタイプなのです。

周 囲の人の目には何だか無愛想で無表情、ツンとしている人間に見えたりします。しかしこのタイプの内面世界は16タイプの中で最も豊かな感情に満ちていま す。あまりに感情が深すぎるために表面的には波が立たない、つまり無表情な雰囲気になってしまうのです。その結果、やけに大人しい人、という印象を周囲に 与えることになります。 "

 

ま、まさに・・・・・。

僕ですね。よく僕は人から冷たい人だとみられてしまうようで、、仕事等で最初は挨拶を交わしてくれていた人でも、次第に挨拶をこちらからかけても、反応はそっけなかったり、酷い時はスルーされたりします。なめられてるんだろうな〜とおもっていたのですが、どうやら、それどころか、嫌われているらしいのです。。そのように感じとってしまうのは気のせいではないだろうと思うのですが・・。

 

そんなときはさすがに落ち込みます。

 

 

なにやら向いている仕事のことなども書いてありますね。

 

□同僚と競い合うようなギスギスした職場は向いていない。
□自分の理想と合致した理念を持っている企業に就職するのがよい。
□本来とても優しい人柄だが、一見、無愛想に見えることがあるため、無理に営業の仕事などをしていると体調を崩す場合がある。
□上司の管理が厳しい環境は向いていない。
□結果を出すことを強要されない職種が向いている。
□ある程度のアバウトさが許容される職場が働きやすい。

 

 

うわー!こんな仕事あるならやりたい・・・!というような条件がずらりとならんでいますね。このような条件が満たされたところであれば、僕でも長く働けていけそうです。

 

他人の感情を読み取ることは、だいたいのところ接するときの顔や態度、声色、発言、行動などをみてればすぐにわかってしまうので、それを活かした仕事などはたしかにいいのかもしれません。カウンセラーかあ・・・・。

 

以前、古本屋特集のBRUTUS(雑誌)を読んだときに、香川の高松にて、注目の古本屋が取り上げられていて、そこでは来店が予約制になっており、予約をいれたお客さんだけが入店できるといった風変わりな店を見つけました。さらに、訪れたお客さんが店主さんと話しを進めるうちに相談事をもってきたりしたようで、柔軟な考えをお持ちの店主さんは古本屋の中に相談室を設けたということでした。

つまり何が言いたいのかといいますと、古本屋をしながらにして、相談室といった、自分の適性にあった複数の仕事を掛け合わせつつ働ける仕組みも考えられるよな〜、、という・・・それだけなんですが。。

 

なにも一つにしぼらんでも、あれもこれも、、できるかもしれないというような"ゆるさ"みたいなものも自分には大事だと思ったり。

 

つまりは、飽き性なのです。苦笑