読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕は不器用です。

何かしら興味のある事をつらつらと書きます。

自分の描く絵はたまに良いですが、自分自身は最悪だ、、としかこの頃おもえません。自分という人間はどうも、苦手ですな。

なぜ自分が絵を描くようになったのか、思い返してみるとそれは確かに自分にとって特別なことではあったのだが、そのような運びになったのは別に順番にそう なっただけで、当然のことのように思う。段々、絵を描くことが歳を重ねるごとに感想が変わってゆく。描き始めてから、描かない日がないように思う

僕を夢中にさせてくれていることを実感している、ここまで心地の良い実感は初めて。いつもなにかしら苦悩しながら憧れに対しての接近を重ねて描いてきた、 絵を描くということが。こうもまで様態を変えてくるとはおもいもしなかった。絵を描けることに初めてかもしれない感謝がある。

線をずっと引いてきた。意識を頭から腕へ、腕からペン先へのせた集中をもって。集中には意味がある。何かに向けた具体的なイメージとしての意味や、引きた い箇所へただ単純にもっていく意味などだ。様々な捉え方がある。絵というのは一つの生命体だ。概念だ。ふわりと様態を変化させ、化ける。

貧乏なんてどうでもいい。お金がなければただ働けば良い。絵は描けるのだ。体力さえあれば。頭が使えれば。でも、今は腕が無いとダメだと思う。腕が無けれ ば、絵を描くことへの欲求はどこへいくかもわかりゃしない。わかるのは、生きることと絵を描くことが密接なつながりをみせていることだ。

僕がくだらない、、とおもってしまうのは、意味を伝える為だけに描かれた絵である。意味が先にきてしまっていて、絵を描くことが後に来ている。そういう絵は信じられない。絵ではない。説明書だ。と思う。 漫画を描き難いのは説明書の絵になりがちだからだ。 説明書の絵にならない漫画がかきたい。

絵なんてのはもっと適当でいいんじゃないかとおもう。それこそ絵だからだ。

 そのままを写し取るように描く人もいる。それこそ全生命力をもって。僕はそれが絵だ!といわれても、そうは思えない。これは絵じゃない。あなたの魂そのものでしょう。としか思えない。絵とはもっと自由だよ。
どちらにせよ、絵的な要素が少なすぎる。印象を描こうとしているんだろうと思う。とても正確に。印象を掘り起こす作業の中で、紙に鉛筆を用いて表現する方法が最適であるし、自分に似合っていたのだ。でも、それはただ、そういうことであって、絵ではない。

絵とは、こうかな?と直感的に引いてしまった一本の線がそれだ。具象から発するものではない。印象はどこから生まれたのか?景色から、目の前の物から、、印象とはいってみれば夢みたいなものだとおもう。その通りになぞろうとしてみても、なぞることの出来ない記憶だ。

 印象とは他人にはみえないものだから、表現せざるをえないものになる。つまりつくって物へ憑依させなければならないものである。絵とは、単純にハードルの 低きものではないだろうか。印象なんか反映させずとも、絵は成立する。絵は高尚じゃない。ハードルが高くなって適当を越えた辺りで絵は絵ではない

こんなのおれにでも描けると、言われるようなちんちくりんな絵。描けば絵になるし、文字という音を持った概念的な気質を負った絵にもなる。絵を描いているのか?文字を書いているのか?そのくらいの違いがある。

 大体の絵は、やはり文字を書いているのだな、と思ってしまうのだ。