趣味の世界

興味のある事

街の観察者、そしてストレンジな医者

特定のお客をもたない医者。なにを診断しているのかも悟らない医者。いっぷうかわった医者。変な医者。幻をみる医者。生活の幻を言語化できる医者。難しい癖のある医者。社会から弾かれた医者。訴える医者。誰の耳にも声をとばすことの出来ない医者。特技を身につけた医者。自分の幻を見た医者。自分の生活をした医者。いっぱいのことがわからない医者。物を知らないので、知ろうとする医者。飛躍する医者。届けるだけの医者。特定の患者を持たない医者。患者を診る医者。診断しているようで、何をしているのかわからない医者。歩く医者。喋る医者。観る医者。はねる医者。旅をする医者。ストレンジな医者。

 

 

街の観察者。

街を見る。人の足先をみる。くるぶしから下を見る。まばらにちらばる足の律動。ぽかぽかうかぶ薄い青空。ジャリと草だらけの獣道。咲く花あれば、枯れ落ちた葉があり。敷かれたレールをバチバチと電流かわし、はしる装甲車。いつのまにか蜜柑色の空。背の上で吹く風にそよぎなびく木々の頭、葉っぱの切れ端。タバコを吸うたむろする60代男性方。庭先に人立つ種苗屋。風にのってこだまし、反響する短い母音。街の鼓動。ささやき声。夕方4時には虫の音色。いきものの巣窟と、魂の居所。虫の翅にすける黄金色。かすれた風景。より鮮明になる街の景色。街の観察者。なにかを感じている。ただの観察者。