僕は不器用です。

何かしら興味のある事をつらつらと書きます。

春の問題     辻 征夫(つじ ゆきお)

 

また春になってしまった

これが何回めの春であるのか

ぼくにはわからない

人類出現前の春もまた

原始時代には ひとは

これが春だなんて知らずに

(ただ要するにいまなのだと思って)

そこらにやたらに咲く春の花を

ぼんやり原始的な眼つきで

眺めていたりしたのだろうか

微風にひらひら舞い落ちるちいさな花

あるいはドサッと頭上に落下する巨大な花

ああこの花々が主食だったらくらしはどんなにらくだろう

どだいおれに恐竜なんかが

殺せるわけがないじゃないか ちきしょう

などと原始語でつぶやき

石斧や 棍棒などにちらと眼をやり

膝をかかえてかんがえこむ

そんな男もいただろうか

でもしかたがないやがんばらなくちゃと

かれがまた洞窟の外の花々に眼をもどすと・・・・

おどろくべし!

そのちょっとした瞬間に

日はすでにどっぷりと暮れ

鼻先まで ぶあつい闇と

亡霊のマンモスなどが

鬼気迫るように

迫っていたのだ

髯や鬚の

原始時代の

原始人よ

不安や

いろんな種類の

おっかなさに

よくぞ耐えてこんにちまで

生きてきたなと誉めてやりたいが

きみは

すなわちぼくで

ぼくはきみなので

自画自賛はつつしみたい

 

ー詩集「隅田川まで」

 

著:詩のこころを読む 茨木のり子 抜粋