読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕は不器用です。

何かしら興味のある事をつらつらと書きます。

2015.4/27

起床午前12時。少し遅めの起床。身体がすこしずつダルくなってるのを感じる。起き辛い。頭は起きているが、身体が目を覚まさない感覚、あり。起き上がってしばらくボーッとして、アキレス腱を伸ばすとようやく軽くなってくれる。それまでが多少辛い。精神的なものとつながりがあるような気がする。治って欲しい。日光をあびましょう!とTwitterのつながりがある川久さんから言われたので、素直に日光を浴びる生活したい。良い方向に向くのなら試そう。日光を浴びよう、という科白は実は病院で何度も耳にしたアドバイスなのではあるが・・・・・。当時、浴びる余裕も気力もなかったのでまったくやってない。いまなら朝起きるのも大きな苦痛ではないし、できるかもしれない。何かを庭の土に植えて育てようと思っている。もう6年前くらいになるけど、一度枝豆を植えて、夏食おう!と思ってたのだけど、芽は出た!しかし実もなったのだけど、見事に実が小さくて量もそんなにとれなかったので、今度はなすびでもやろうかと思う。揚げ茄子が食いたい。うまいよね、あれ。

 

絵を描くのが辛いわけではない、べつに描ける。ただ、課している。課すのは昔からの僕の癖みたいなもので、二十歳からずっとそうしてきた。二十歳まではのほほんとやってた。べつに強迫観念があるわけではないと思っているのだけど、そうしないと将来の不安だけが襲ってくるので、そうしなければならないといった感じの理由である。

それが今でも続いていて、自分で決めたことはしっかりやり通そうとする傾向がある。僕自身はそれを信じているので、わるいことだとは思ったことも無い。それがいくら苦しくなっても、息苦しい感情に迫られていても、僕はそうするしかないのだろうとおもう。

自分で選んでやってると自信もっていえることがそれだけなのだ。なんとも薄っぺらいが。

 

しかし、この何の意味があるのかもわからない毎日の作業が果たして何につながるというのだろうか?僕は現実逃避をしているとは思っていないが、実際やっていることは現実逃避ではないのだろうか?社会へ出て、もっと働くことが正解なのだろうか?僕の正解はどこへあるのだろうか?

僕はただ、楽しく生きていきたい。それに一番近づける方法を探している。

自分が楽しく生きられたら、それが幸せだと思うからだ。

 

自分が楽しく生きたら、周りは幸せになるだろうからだ。

 

全く悪くない。

 

今、たのしいのかどうか、、?と聞かれれば、それはよくわからない。

楽しいとは思えない。でも、このようなものではないのだろうか?もっといい方法があればそっちを選びたい。サラリーマンにはなれないと思っている。慣れていないだけだ、と言われるが、慣れることができない、、の間違いなのではないか?

 

慣れるまで仕事をしたことがないので、なんともいえない。

慣れる前に辞めてしまっている。慣れていることといえば、僕が一人でやっていることだけで、誰かと何かをするということで、上手くいった試しがあまりない。

仕事とは究極個人のものだ、という。僕もそう思う。個人の能力が高ければ、周りに迷惑をかけないし、文句をいわれることはない。逆に重宝されて、暮らし易くなる。

 

仕事で鬱になりかけたことがある。というか片足つけてた。病院には通ってなかったが、あきらかにもうすぐ鬱病です!という警告は目の前で赤く点滅し光ってた。あれをまたやれ、、というのだろうか?あれをまたやれば、おれはどうなるのだろうか?また泣けばいいのだろうか?出来ないことがあるのだとおれはそこで理解したのに、また戻るのか?

 

あまりにわからなさすぎて、情けなくなる。

 

どうにかしてほしい。ほんとうは。でも僕の身体から僕の意志をはがすことはできない。もちろん、それはシールではないのだから。

 

だれかに自分の人生を背負い投げしたい。

それくらい僕は僕を生きるのにまいっている。

 

しかし、身体は意志はいきようとしているようだ。

まだ僕はこの生に付き合っていかなければならない。

いつ終るのかはわからない。

 

どうせなら今を楽しくしてたい、と思うだけである。

おそらくまだまだ試さなければならないことが山盛りで、僕はそれに手をつけようか、つけまいか未だに迷っているのだ。そうじゃなく、つけなければ、前へは進まないのだ。

そういうことだけを今はただ感じることが出来ている。

 

だから、やりたいことあるなら、やればいいのだ。素直に。

うまくは生きれる自信ない。正直。上手く生きようとして、上手くいった試しがない。

それはみせかけにすぎないかもしれないし。

 

なにか偶然の出会いでもない限り、望んだ方向へしか結局向くことができないだろう。

とにかく足を動かしたい。サラリーマンになったって、引きこもりが治るとは考え難い。

結局・・・。