読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕は不器用です。

何かしら興味のある事をつらつらと書きます。

2014.4/21

火曜日 起床朝9時30分頃。今日は岡山の友達さとさんと遊ぶ約束あり。絵を見せる予定でいたので、絵をファイルに突っ込む準備をした。元の厚さ2cmくらいのファイルが、絵をいれたことでかさが増し増しで、10cm越え。おいおい、、カバンにはいりきらんので、紙袋持ってきた。改めて結構な量を描いてたし、紙の重さが重い(分厚い)のを実感。絵を持って外を出歩くって何か好い。だから、今日は少しうきうきである!午後1時過ぎから午後2時までSkypeで友人のひろちゃんと少し話す。乳がんの元となる良性のしこりを取る為の手術を5月に控えている彼女は、ストレスがたまっているのか、ずっとつかれてて、なかなか連絡が取れなかった。久々に話せたので良かった。彼女はなんでも信じこみやすいタチだから、麻酔がよくきいて、あっという間に手術はおわるよ、と僕がいうと、そういえば・・・と以前受けたらしい手術の麻酔がよく効いて、寝て起きたら終ってたと言う。

そうだよ、すぐに終るよ。

 

午後二時をすこし過ぎて、待ち合わせ場所に着いた。15分の遅刻。僕は遅刻ばかりする、、しかもわざと・・・;わかってるのにしちゃう。少しの時間だとはいってもこれは気をつけねば・・;どうしても友人に甘えちゃってるね。。山根なんかはもう、俺が遅れることを承知で、わざとおれの後に到着するように仕向けて動くからな・・・。そういう嫌がらせやめてほしい、、って思う。笑

 

喫茶店の中で待機してたさとさんに謝りつつ、席に着く。

さとさんは全然怒ってない。すごいねえ・・申し訳ないっす。おれは遅れられたらすこしムッとしちゃうのに。。

最近人にあうと、どんなに友人であっても少し緊張して身体がこわばってしまう。。落ちつきたいけど、落ちつく場所はやっぱり静かな場所じゃ無いと無理みたい。喫茶店の中は少し周りのお客さんの話し声でごった返していたようで、僕の耳には少しだけうるさく映った。

 

ま、仕方あるまい!

 

コーヒーを頼みつつ、飲みながら絵を見てもらった。ん〜〜嬉しいです。絵を見せることも好きだし、絵を持ち歩くのも好きだ。。どんだけ自己顕示欲が高いんだろう、、っておもうけど💦

さとさんは3枚の絵を買ってくれるらしい!いいんでしょうか・・・本当に!!?でも、ここは素直に自信もっていていいところだとおもうから、僕はただ喜んだ!額縁を描かねば!!3つそれぞれ絵にあった額縁(空間)を描いて、さとさんに渡すことに!

 

絵を売るというか、絵を気に入ってくれることが嬉しくて、本当に。自分を認めてもらってるって感覚なんだよね。うれしいな。

 

もっと身近にしたい。絵の存在を!僕の絵は怖くもみえるし、かわいくも見えるらしい。たしかに怖いところもあるんだよなあ。絵は人間を映す鏡だと思ってるから、僕の存在そのものを反映してるところがあって・・・。気に入ってくれる人は僕のことを素直に受け入れられる人なんじゃないかなあ、、なんて変な妄想もしてみる。そうだとおもしろいと思うんだ。

そうだとしたら、僕は絵の力を信じられる。おもしろいと思える!

 

万人に受けるってのは噓だと思ってるから。

そうじゃない方が好いって思ってる!

 

4時くらいまで喫茶店で話しして過ごす。彼女も絵を描くので、友達の誕生日に絵を描いたらしい。いいね。自分の特技が人の為になるってなんか、話しきいててもこっちも嬉しくなるもんなんだよね。コーヒーが美味い。

 

その後、彼女が運転する車に乗っけてもらい、新しくできたみたいだよっていうレコードショップへ連れてってもらった。僕が通ってた高校に近い場所、オレンジホールってとこの周辺にあるらしい。ここら辺、なんか雑貨屋さんとか服屋さん、飲食店がまばらに広がってて、若い人がおおい。意外!全然そんなところじゃないと思ってたんだけど、意外!道が広くて、建物が白い工場みたいな箱だったから、工場地区だと決めつけてた💦最近言われて気付いたけど、僕はよく決めつけの癖があるようだ;参った;;直しまーす、、、。

 

まるでアリの住処であることを意味する地面の穴の中は人が住む家だった!!みたいな感じの驚き。高校生のときオレンジホールの横をチャリで走ってた時の思い出とはほど遠い場所へ来てしまったような感覚に陥る。まるで異国!けど、それに安心する。時代は進むのだ。自分の頭の中の印象という時代も進むのだ。それが正しいかどうとかではなくて、僕はそれを心地いいなっておもった。そう思ったってことは、これで正しいんだろうな。

 

レコードショップはGREENHOUSEと名乗る店。店前にさっそくワゴンに積まれたCD,その下にはダンボール箱に詰め込まれているレコード!二人でそのレコードにがっつく。笑

いろんな絵があるので楽しい。絵を観るのが、写真をみるのが好きな人は、ぜひレコードケースのデザインを観に行きましょう!めっちゃたのしいよ。安売りされているものだけを物色。笑 3枚で300円!とかかれている。まじですか!やすい!僕が初めてレコード買ったところでは最安値で800円だったっす。でも納得して買うから、後悔はないけどね!

 

8枚選んだ。中には一枚600円するものもかったし、安売りばかりを選んだわけではない。良いもの変えた。カッコイイ写真、絵を買ったような気分に。店を出たとき、さとさんが店の中で蓄音機売ってたよ、、と教えてくれた。買ったらいいじゃん、とも背中おしてくれた。いつか買うかなーという感じに心が転がる!金貯めて買おう!1万円以内の値段らしかったので、そんなハードルは高くないのだけどね!でも、おれはしっかり金を貯める予定!!

 

その後ひょんなことから、近くでやってるグループ展へ。僕より若い人や僕と同世代の人が集まって7人で展示してるらしい!なんか熱いものを確かに感じる!普段ならおれ1人では怖くて行かないような展示であるが、2人なのでいってみることに。笑

 

いやあ、、アウトサイダーアートをやられているかたから、マンガ用のペンをつかって細かいイラストを描かれている人。写真を撮ってる人、大きな抽象画。色紙に素朴な、ほんと素朴な絵を描かれている人。感性がそれぞれ違ってて(atarimae)おもしろかった!

特に色紙にえがかれている絵が気になった。その絵はとても素朴であって、子供がかくような線だし、描かれている対象物も対象物であるのだが、その人がどういうところで育ってどういう生き方をしてきたのかがはっきりとわかるような絵だった!凄いパワーを感じた。無数の色紙に描かれてたのは草や木の緑、イノシシ、馬、ひつじ、そして牧場。天才だとおもった・・・。その人が撮ったらしい写真も凄く良くて、、参りました。。会って話してみたいとおもった。特に実のある話しはできそうにないけども、どんな人がこれ描いてるんだろう?って気になるのだ。。

 

とはいいつつも、全体的に面白い展示で、岡山熱い!っておもいました。空間をデザインすることに力を尽くしているのがわかって、良かった。着物を天井にぶらさげて演出してたり、戦時中の地図や軍歌の本など小物も地面にひろがっていた。岡山の乱雑なアンティークショップで購入したらしいことを作品の作者からきいた。その話しがユーモアでおもしろくて、久々に大笑いした。

芸術家は人を笑わせるような人なのかもしれない。僕もそうなりたいなあ〜。"笑い"はなにも根拠なんて無いけど、信じられるというか、本物だよね。作品なんて笑われた方が好いのかもしれない。そういうことが常に頭をかすめる。僕は笑われるくらい情熱的に(na)絵を描きたいなあ。

 

そんな一日。あそんだな〜、勉強になったなあ〜っていう一日だった!

実りある日に感謝!