読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕は不器用です。

何かしら興味のある事をつらつらと書きます。

ロンドのごとく人生がクルクル回る

2015.3.22 日曜日 晴天。今日は髪を切りにいく予定。午前すこし飯を食べながら描きかけの絵を描きつつ、Skype。元カノと喋る。表面的には元気なようだったので、とりあえずは良かった。彼女も不安定になる人なので、少し心配している。味噌やクッキーを作ってるようである。味噌は樽一杯に作ったとか言ってて、もうなんか可笑しい。どうやって食い切るのか謎なんですけど、、、。毎日みそ汁たべてたらいずれなくなるっしょと言うけど、そういうもんなの?ちょっとよくわからず、笑った。クッキーも作りすぎてるんだろうね、、知り合いや友達に配るようで、なんか楽しそう。結構頻繁に彼女は作るので、それもなんか僕から見たら可笑しい。なんか笑えます。ほんと変な人。言ったら怒るだろうから、言わんが、変よ。でも、可愛らしくていいんじゃないかしら。本音はこっち。安心して下せえ。

まあ、1時間くらいだけども駄弁ってすっきりした。僕はあまり人と話したくならないんだけど、相変わらず。。最近は安定しているのか、寂しさがない。寂しくないかといえば、そりゃ一人は物理的に淋しいが、しかし、自分自身としてはあんまり寂しさを感じていない。寂しい時は外へ出れば人とすれ違うことが出来るし、カフェへ入ることができれば、人が居る空間を味わうことができるもんね。でも、親しい人と居たい時が大半だから、困るね。親しい人と居たいもんね。いつも。難しいところです。

 

4月に花見をしてくれる人が出来たので、その為にブルーシートを婆ちゃんが持ってないか、メールで聴いてみている。もってるかもしらんから、また知らせてくれるらしい。たしか持ってたはず!爺ちゃんと婆ちゃんと、ブルーシート敷いて、ピクニック的なことした覚えがある・・。夜中、爺ちゃん婆ちゃんの家の前で身内だけで。そしたら、チャルメラが通って、爺ちゃんがラーメンを頼んだんだ。だからそれがすごくうらやましくて、ねだって、僕も弟もたしかラーメン食べたよな。チャルメラのラーメンは麺がもっちりしてて、スープは薄くて、全然好みのラーメンじゃなかったけど、なんか良かった。あの店構えが良いよね。夜に映える。移動する家みたいだし。不思議な感じだったなあ。もうチャルメラで商売しようとしても、民家に塀ができるような感じだから、無理だろうなあ。商売としては夜の町歩きはきついものになるだろうね。みんなインスタントラーメンですませちゃう。しかしあの夜の宴でブルーシートを使ったはずなので、、あると思うんだけどなあ、、。あったら、婆ちゃんの家に取りにいくつもり。婆ちゃんの顔見とかないといつあっちへ行くかもわからないし、婆ちゃんにはほんとうに良くしてもらっていると感じるから、会いに行きたい。爺ちゃんには線香を。爺ちゃんは画家かと間違えるほどに絵を描く人だった。彫刻もやってた。お盆つくったり、それこそ、家具やウチの裏に小屋まで建てた。凄い人だったんだろう。なにげなく存在してたけど。絵は晩年水彩を好んでた。ハガキを良く送ってくれて、暑中見舞いや寒中見舞い、年賀状と絵も花や人物、イヌなど描いてくれた。若い頃はおそらく油絵をしてたんだろうなあ、家には爺ちゃんが描いたろう油絵が飾られている。婆ちゃんを描いたんだろうね。編み物をしている絵が描かれてた。ミレーの落ち穂拾いのダミーもあったな。それはいつの間にか飾らなくなってみかけなくなったけど。モノ作りする親戚っていったら、爺ちゃんくらいしかしらない。だれか何か作ってる人いるんかなあ。。

おれくらいだろう、具体的で変なもの作ってるって言ったら、、。父さんは弁当つくって、母さんは見積書つくってるんかもしれないけど。。

 

ものづくりってたのしいんだよなあ・・・。やめられるかもしれないけど、やめたくない。うん、ただしい日本語。