僕は不器用です。

何かしら興味のある事をつらつらと書きます。

ここらへんで、潜らなければたぶん不調。

150311
☆思えば招く!小池一夫さんの力強い言葉!これこそ、本音!!そう、思えば招くんです!今年の僕は招き猫受賞してるんで、招きます!!想いまくれ!!
☆だれがなにをしようと関係ないっ!わたしは味方よ!とaiko。さすがです。そうだ、誰が何をしようと、ずっと味方で居てくれる奴を裏ぎらないように生きよう!生きろ!!
☆売り込みの重要さに気付いてきた。やるべきことは何なのか。自分は作り続ける環境だけは守る!それ以外は意外とどうでも良い。ただ、お金は稼がなくちゃいけない。稼ぎ方は、創作の時間が長くとれる方法を選ぶ!
☆自分が面白いと思えることを真剣にやる。じゃないと伝わらない。おもしろいと思えること以外はあまり必要がないかもしれない。とにかく面白いとおもうことを真剣にやりつつ、生きるッ!
☆切り離すな、生活は一連の流れとして存在している。切り離すことはできない。思考は一連の流れに沿っている。時間に沿っている。だから切り離せない。労働と仕事は切り離せない。両方やるのであれば、バランスを考えなくてはならない。
☆ただ、自分が見つめているものは常に一つだけだ。創作が大事だと思うのであれば、創作に生きる他無い。それがお前の使命である。天命である。仕事である。だから就職をしようだなんて考えなくてよい。もっと自分の生き方に素直にならなくてはならない。度胸がいることだけど!
☆目を背けずに、身体も背けずに、立ち向かって考えてみる!鬱になるかも、死にたくなるかもしれないけど、逃げずになんとかならないのか考えてみる。それこそ真剣に。そういう生き方をしていると、絶対に耐性ができる。免疫を持ってれば人間強い。
☆これからは公募だ!ということで公募展への応募を決意。絵と文章、それにマンガもおもしろそうなのだけ出していく。自然にやりたい!と思えるものだけ。強制は禁物
☆かまぼこ板アートのHPへ訪れる。うおーーーっ!作品が載っけられてるのをみて、異国に来た感じ。このような景色が見えるなんて、、!インターネット凄まじいっす。応募する気まんまん。
☆これはただの図工の授業ではない、何か各々の空間を作り出すための初動を感じさせてくれるものが込められた作品たちである。それは想い出であったりする。尖った想い出は強烈に画面へ集中力として突き刺さる。大打撃を打つ!
☆最近、自信しかない。これもこれで厄介だ。。作品をつくる度に自信が巻き起こる。文章にとくにそれを感じつつ。。絵は迷走してきている。これもまたこまりものである。何を志して絵を描くのか。明確なものがあるかといわれたら、無いからだ。僕は描きたい絵を描けばいい。アイデアマンであり、ボンクラで"も"ある。
☆安定しているようで、最近は実は不安定であるように思う。テンションは高いが、無理が生じている。一人でいたい時間が基本的に長い。でも、誰かとも居たい。その折衷案が思いつかない。思いついたとして、それがTwitterとかなのかもしれない。たまにSkypeをつけっぱなしにするが、だれとも会話はない。それがなんか良いのだ。あの安心感はどう示せば良いのだろうか?
☆失態をしてしまった。Twitter上で。気持ちが読み取れず、なんとなくの気にしない行為が大変失礼なことに繋がっていたこと。ごめんなさい。
福島原発事故について、どのように心を添わせたらいいのかわからない。。現地へ行けばわかるのだろうか、、というか自分はなんなのだろうか、、。自分の存在が既によくわからない。でも、誰かに何かの影響を及ぼす行動を伴っている人間であること、それだけはわかる。価値があるということだ。嫌な感情も、嬉しい感情ももたらしうる人間であるということだ。どっちみち憎まれても、それなりに人に影響している存在であるということだ。これは生きている限り避けられない。失敗に目をつむることはしたくない。もっとちゃんとこういう時こそ、考えなきゃならない。しんどいことはきっと後になって役に立つ。
山陽映画備前焼、森陶岳さんのドキュメント番組みながら、ドローイング。自然物から科学やその他もろもろの分野、全てにわたってインスピレーションが生まれている、と話す森陶岳さん。その一言には関心してしまう。というか、全編にわたり、言葉が芸術家なので、面白い。惹き込まれてゆく。制作に熱心にならないといけないんだ、、と今更ながら思う。今の状態は熱心とは言い難い。熱心ではなく、放心である。