読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕は不器用です。

何かしら興味のある事をつらつらと書きます。

出力。

2015年2月26日、木曜日。起床朝9時頃。朝起き上がるのがやはり大変である。しんどいとおもいつつも、起き上がり、昨日の誓いを思い出す。10歩歩けばほら、別世界。そうなるといいなと少しだけ願いながら、10歩歩いてみる。ちょっと世界が開けた。これです!これで、いいのだ。これで。明瞭に目の前に開けた世界。しかし今日はTwitterでわちゃわちゃしすぎてしまう。頭に落ち着きが無く、完全にストレスを溜め込んでいる様子がわかる。常に脳みそが貧乏揺すりしている感覚。何かを見ると、すぐに反応し、言葉がうまれる。その言葉は暴言であったり、ただの観察による推考だったりする。そのわちゃわちゃ具合がとても煩わしいのは自分だけではなく、おそらく僕をミュートにかけておらず、Twitterを眺めている人たちであろう。とても騒がしくしてごめんなさい。どうにも落ち着きはやまず、イライラなのかそわそわなのか解らないアレがでてくる頃合いみたいだ。去年も確実にこの感覚があった。何かの離脱症状。愛情かもしれんね。僕は、今名付けた愛情の離脱症状、この場合の愛情とは、こちらが与える場合の愛情でもあるし、こちらが相手側から受け取る愛情のことでもあるのだろう、によって、ストレスを抱え込み過ぎていたのだ。まったく馬鹿げた話しである。しかし、これは僕にとっては大きな問題である。僕の生活のルーチンからいって、話し相手など普段はいない。こちらから率先してつくらないかぎりはそういった相手は現れてこないからだ。僕が話したい相手かどうかにもよる。。ココが一番むずかしい。僕が話したい相手なのかどうか、相手がいても、僕がその人と話したくない相手であれば、僕にはあまり意味が無い。ストレスは溜まったまままた生活のルーチンへと移ることになる。話し相手が難しいのなら、今の段階では、やはり創作しか無いと思う。自分がおもしろいと思う発見をしたなら、即行動することである。思い出ノートというのを作っている、と先日ブログにかいたけれど、あれも今はとにかくなんでもいいから今日の出来事を貼り絵にするぞ!ってやってるから、面白くならないのかもしれない。もっと面白くするには、自分が面白いとおもったものを貼らないと、絵にならない気がする。たとえば、何でも良いから、自分の気に入るように貼ったとしても、貼り方はたしかに気に入っているかもしれないけど、貼ったものについてはあんまり気に入ってなかったり、、するのが、見てもらう観客側にはつたわるのではないかと僕は思っている。たとえばだけど、誰かに見せる前提としてね。それではやっぱり面白みはないだろうし、僕自身がもっとわくわくできるようなものをつくらないと、確実に伝わらないだろう。それがなぜなのか、僕は言語化できないけどね。苦笑 そこにはとても難しい作品と観客、創作家とのセンサーのやりとりが発生しているに違いが無い。今はそこについて考える気力はないので、パスしたいと思う。そういえば、今日は文章を書くのに音楽を聴いていない。だからいつもより少し堅めの表現になっているかもしれないけど、ご容赦ください。いつもよんでくれてありがとうございます。本当に嬉しいです。

と、思い出ノートについてはもっと進化させないとこの先のどん詰まりがみえてしまったし、自分自身がこれだけのストレスを抱えながら生活をしていることに気付いてしまった以上、なにかを変えないと今のままでは自分が破綻してしまう。とにかく度々変えることを繰り返して行くつもりだ。放浪人の宿先のように。みなさんは、いつも見る景色がいつも違えばいいのにとふと思ったりしないだろうか?僕はさっきそんなことを思った。放浪人はきっとすばらしく人生を謳歌するのだろうか。いつも同じ場所にいるよりも、はたして世界は広く感じられるのだろうか?家の中と外とじゃ、確かに全く見える景色も、匂いも、風も、感じられる全ての情報のボリュームが違うのだろう。僕には不思議な感覚としてあるように思うのが、家の中でないと出来ないことがある。という謎の指向性、生命反応によって夜中の電燈に蛾が群れるように、僕もその光にいれてくださあーい!と一緒になって飛び込んで行く衝動に近いものを感じることがある。家でないと出来ない作業は、ずばり、何かをつくることなのではないか。家の中、、というよりは、私的空間をもつことで作品は生まれやすい環境にあるのだとおもう。外だろうと、そこが自分だけの空間であると認識できた途端に創る意欲はどんどんと溢れ出てくるものではないだろうか。しかし、そんな空間にずっといるとやりきれなくなる。集中力がきれてくると途端に居心地がわるくなってしまう。そして僕はインターネットに逃げる。Twitterでわちゃわちゃして、自己嫌悪に陥ってしまう。ガキだ。まったく成長していないのだ。あの頃から。あの頃とは小学生くらいからかもしれないし、中学生かもしれないが、あの頃だ。そのくらい成長が見えない。しかし、行動パタンは変えることができる。そう反応するとわかったなら、方法を変えてあげればいい。紙に描くことにした。Twitterを紙の上でやる。自分だけにしかわからないし、それなら他人に自分のtweetを見られて、他人に迷惑かけてるかもしれない!なんて自己嫌悪に陥らなくてすむし、自分が考えていたことなどが手許に残るので、その日考えたこととかを日記として書き出す作業にもなっている。一石二鳥。あとはたまの話し相手がいりゃあ完璧であるよ。こりゃあ。そう思ったのでここでSkypeIDというものを晒します。よければ登録してください。"rabyue"です。登録してくれている方は、ありがとうございます。また話しましょう。ぜひ。(通話時間は30分くらいで十分です。言葉を交わすことは僕にとってはタバコを吸うようなものなのかもしれません。)

 

今日は非常に文章がマジメである。。それも結構落ち込む原因になりうる、皮肉にも。悪い時はなにをしても悪い。昼までは調子そこまでわるくないと思っていても、夜になるとがらりと変わる。最近、、二、三日前からそんな感じ。絵(概念シリーズ)の二枚目が上手くいったので、今日Twitterやタンブラーにもあげたものをここにも載せておきたい。すこしでもハッピーな情報を!笑

f:id:YYYYYYYYYYmmm:20150226183846j:plain

 

そして、漫画も。

 

f:id:YYYYYYYYYYmmm:20150226211358j:plain

 

可愛い絵柄でしょ〜。自分で描いていながらにして、可愛いと思うレベルなので、おそらくかわいい。内容は少しわかりずらい。ずっとそんな漫画ばかり描いている。伝えたいことはあるんだけど、別に伝わらなくてもいいかも、てな精神で描いているからこんなことになる。上の漫画はその典型例だと思う。一応悩んで描いていて、これですよ。かっこつけてスカしてるわけじゃないです。伝えようとして、これがベストだなという形におとしこんで、これなんです。。苦笑💦

 

言い訳というか、自虐が永くつづきそうなので、ここら辺で辞めるとしまして、そうだったのだ、僕は不治さんに手紙を書くのだった、と思い出した暁に、書きました。不治さんへの手紙。

f:id:YYYYYYYYYYmmm:20140929162437j:plain

 

不治さんから頂いた無料誌など。ステッカーももらった。いまMacBook Proにはっつけている。貰ったものはすぐに使います、僕は・・・。で、すごくこの方面白くて、僕は嫌われてるかもしれないのだが、まあ僕はただの片想い野郎なので、こう、がっついていくわけなんだけれども、、、。文通がしてみたくて、どんな返事がかえってくるのだろうかと考えるだけで疼いてくる。色んな部分が、、特にみぞおちあたりがフワフワして気持ちいいのだ。僕が不治さんにツボってる理由は、、僕なりの表現でいえば、スターバックスで働くような人の字が汚いとはどういうことなのだろうか?というある種の僕の勝手な偏見と、ミスマッチによる、矛盾からうまれるカオスが、よくわからない不治さんのかわいらしいイラストによって、ポミュ、、とも呼べるような発音のバクダンが生まれ、小さな爆発をくりかえす。その威力はよわく、ただ、淡く光るだけ、、なんだけど、呼べば爆発。、、、、みたいな。そのような何ともいえない、、何処を付いているのかわからない竹槍をもった少女と少年の稽古みたいな、ほんと、何ともいえない・・。僕は評論が上手くないようだ。感覚だけは出てくるが、まとめきれない。制限されたお題の中で、枠の中で、仕事をしておさまりつつあった存在が、まったく仕事とは関係のない位置でいきなり踊り狂うといった矛盾、でも、仕事とは全く関係のないところでの大暴れなので、全く誰にも迷惑をかけないといった奇跡を生み出すのが不治さんなのだ。

 

息切れも寸前のところで、説明が上手くいったと思いたい。これで返事こなかったら凹むな。そしたらトイレの便座でも濡れティッシュで拭こう。そうすれば、救われるかもしれないし。トイレは世界を救う。

 

だいぶん落ちついてきたところである。感謝。こういうような私的空間を持つと途端に全部自分の場所だと思えると落ちつく。Twitterで落ちつかないのは、自分の場所である空間にずかずかと人の言葉がなだれ込んでくる所にあるのだと思う。そう言うときは僕は黙るに限るのではないかと思っている。というか、別次元で二次元で言葉を書きまくる。黙ることは性質的に出来そうにないので、次元を変えて喋りまくろう。それは独り言と同じような感覚であろうか。そこにだれも居ないのにしゃべるということは、書き留めることと同じように思う。このようにして、うまく縫い目をくぐって、自分なりの理想の生活スタイルへ近づけて行けると言いなと思う。いろんなものと上手い付き合い方を見つけていくのはしんどいけど、同時に楽しい遊びなのかもしれないし。きっと社会に出ることになっても必要な能力だろうし、後に役に立つと思って、思いついたら即行動で、諦めず解決の道へ進みたいと思う。

なんか下手な自己啓発日記になってしまったが、よろしいでしょうか。