読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕は不器用です。

何かしら興味のある事をつらつらと書きます。

2015 1/22

起床午後6時。さすがにどっと疲れが出たか、ここ最近のスケジュールは自分にとって忙しい方だった。半年引きこもった後に動き出すと反動がすごい。体力も少しはついてきて入るがまだまだ連日働くためには足りないものが多い。

今日は寝るまでにもう余り時間がない一日だ。とてつもなく寝たが僕はそれでスッキリと起きられるタイプなので問題は無い。足が少しダルい感じがあるが、これもまた少し歩けば直るだろう。

今日はskype精神障害を抱え、作業所にかよいつつ大体自宅で過ごしているcoolさんと話す。彼はこの前ハローワークへ行って面接をお願いした会社はダメだったとの報告。その会社は障害者雇用で事務作業というしごとないようのものだったらしい。んん、、残念。

coolさんとは僕の記憶では2014年10月くらいからネットの掲示板で知り合った人で、もう三ヶ月くらいの付き合いとなる。アニメオタク、プログラマーという性質があります。と彼が僕に渡した名刺にはきっちりと刻名されている。ぼちぼち、しかし高速道路で走る車並みの安定したスピードを持って、仕事を探せば良いと思う。なにか特意なことを活かせる仕事が見つかると良い。

その後、音楽を聴いてぼぉ・・とする。最近聴いている音楽、口ロロのstarflight。popで明るい感じの音楽。バブル期を彷彿とさせる感じがあるのかな、、と僕は少しだけ幼少の頃ブラウン管の箱型テレビでみたとんねるずの感じをおもいだしながら、感じていた。

明るいpopなものが基本的には好きだ。POPLIFEを歌うRHYMESTERも良い。間違えたRTYMESTERが良いのもあるけど、POPLIFEという曲がこれまたイイ。

 

その後またskype、声をかけてくれたのはふーさん。

最近これまた掲示板で知り合った女の子である。彼女もまた精神障害を患っていて、薬を一日に27錠も飲まなくては生活出来ないですよと医者に判断された人である。僕は思うのだが、一日に27錠の薬を飲まなくとも生きていけるはずなのだ、、と。生まれた瞬間から薬が必要な幼児は多くはないだろう。人は大きくなっていく過程で傷つき、残酷な生存レースの中でボロボロになっていく。そこまではわかるのだけど、そのボロボロになる過程や、傷つき方に非常に左右されるものがあるのではないかと思っている。どうしても生きてて自分を責めてしまうことが多い世の中である。大人になっていくたびに賢くなり、弱っていくこのシステムはおかしくないだろうか?まさに笑ってしまいそうな環境下に僕らは居るのだ。そうはなりたくないが、そうなってしまうひとたちはたくさんいる。日本は何をしているのか?このような社会はやはり狂っている。病んでいる人たちはもっと自由にいきよう。明日ヒマラヤをのぼるくらいのテンションで。

まずは自分を調整してみよう。調整とはもっとも単純で、大事なことだ。まずは自分という人間がどういうやつなのかわからねばならない。いっぽさがって自分を監視するのだ。記録を付けろ。そうやって自分を調整することを僕らは覚えなければならない。僕は徹底して調整したいと思っている。その方がきっとこの先、いや現在が楽しくなるのだ。僕は思うけど、家計簿つけている意味の無いあの行動が楽しいから続くのではないかと思っている。家計簿をつける文化がここにはあるけど、そんなものなくても生きていけるのではないか。つまり使ったお金は戻ってこないし、残りのお金さえ観ておけば後どれだけつかえば今月乗り切れるか、、というのはだいたい予測出来る。

毎回の家計簿をつける時間というか、自分という興味対象に迫る行為そのものが一種の冒険や旅行に近い感覚を内包しているのではないだろうか。そうだとしたら自分の記録という行為はとてつもなく目の前の視野がひらけてくるし、なにより楽しいハイキングである。処世術を磨け、とは実はただ記録しろということだったりするんじゃないか。記録とは、、?お遊びである。僕は何事も完全にお遊びであると思っているので、人生だってお遊びであるのだ。こんなの遊びだ。深刻になる必要など一切無い。でも、心が枯れてくると表情に緊張感がなくなってしまう。しかし安心してほしい。人間はアメーバに良く似ている。ああいけば、こういく時もある。自在な運動体であることを僕は僕を通して知っている。自在なので、死んでも生きるときがあるし、生きてても死んでいるときもある。お遊びだって怪我することあるし、すっきり楽しいときがある。それとまったく同じである。心配する事なかれ、です。

 

前置き長くなりましたが、ふーさんとはふーさんが好きなV系の話しを振ったりして、Gacktの話しなどした。Gacktなら僕もyoutubeで徹底的に調べたことがあったのだ。僕が好きになった人がGacktが好きだった、という単純な理由で。30分くらい話すと決めて、話して終った。

 

その後、晩ご飯。ハヤシライス。特盛にして食べる。とにかく腹一杯になるまで食うことを意識している。夜食しないように気をつけている。まるで女子であるようにも思えるこの人間。僕は女子でもあるとおもうし男子でもあると自分のことを認識している。生理は来ないので、やっぱり男子だと思うこともある。

 

風呂へ入り、絵を描く。大羽左膳さんをモデルに一枚。2月10日に彼女と会う約束をしているので、何か絵をプレゼント出来たら良いなと思っている。僕は似顔絵が得意なので、ぜひ似顔絵がいいだろうと思っている。

マンガ1ページペン入れ。少女病棟の原稿。