読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕は不器用です。

何かしら興味のある事をつらつらと書きます。

とあるcafeのHPについて

岡山の観光名所の近くに存在するcafeのHPを僕は好んでいて、それを読んでいる時間が好きだ。

そのHPのトップからcafeで提供されるだろう料理のメニューという文字とリンクが貼られている。

そのリンクに飛ぶ。

 

日替わりメニュー

 

西山カレー

 

オムライス

 

ガパオ

 

・・・・つらつら

 

(メニューが並んでいる)

 

日替わりメニューと西山カレー、それにオムライスにはリンクが貼られており、僕は興味本位でそのリンクをクリックする。

 

すると、料理長の(おそらく)男である人物が、その料理についてのことを文章で語ってあるのだ。それを読むのが好きだ。おそらくその文章は一度書かれたきり、全くいじられておらず、そこに存在してある。

 

それを読んで、「この料理長、めっちゃ料理好きなんだろうな〜・・」と思うのである。この瞬間がたまらなく愛おしくなる。今日は日替わりメニューの作り方が実はcookpad先生の検索で得たレシピだったことを知った。料理長はめちゃくちゃ素直な人なのだった。日替わりメニュー作ろう・・→まずググります。そんな遊び半分な側面を持っている料理長のいる店が好きだ。

 

アニ玉クッキング107

anitama107.exblog.jp

大学時代の同居人とやってた料理blogらしい。今日西山カレーのメニューの記事をよんでいたら、こんなのやってましたって書かれてあったので、早速ブクマしておきました。

 

なんだか、このcafeのメニューの文章よんでたら、僕も料理を作りたくなってきたし、料理が好きなんじゃないかって思い込んできてしまうから、参っちゃうな。

 

ずっとずっと学生のノリでいて、楽しくあって、気が合って、そういう料理作んのが好きな仲間とすこしだけ真面目にやってけるようなcafeなんだな。

 

自分がこうやって生きたいというモデル、背骨という芯をここの人たちは持っている気がするんだな。

 

話したり作ったり、笑ったり。スムーズにその場の感情が流れていく感じ。

 

今の自分が感じるのは「どうしたらそんなことできんだろ!?」なんだけど、、

はやく人の輪に入る恐怖心みたいなのを取り除けるといいな。。

 

 

 

自律に向けて。

2017年2月2日

 

自律に向けて走り出したばかり。

このまま親の元にいて、親にいちいち自分の事(仕事、恋愛、趣味などのプライベート)を報告したり、確認されたりしていては、僕は一生自律できずにこのまま生を終えてしまう気がした。

 

その不自由さ加減に嫌気がさす。

 

親と離れて、自分自身でいろいろなことを決めたり、動いたりしなきゃならない。他力本願なところも良くないとおもった。自分が相手の手駒になる感覚は避けたい。もっと自分の意思表示をしてゆきたいのだ。

 

自分が落ち着ける空間(部屋)をつくりたい。自分が選んだものを部屋に置いて、カスタマイズしつつ、要らないものを捨てて、必要なものだけに囲まれたすっきりとした生活がしたい。

 

 
 
参考文献「必要十分生活−少ないモノで気分爽快に生きるコツ」著;たっく

 

 

手に職をつけたい。(仕事をしたい)自分の特技がほしい。仕事で通用する特技をみつけたい。会得したい。一生やってける、、とまではいかなくても、やっぱりその特技だけで十分に長い間生活をやってける程のものを求めている。

 

一人暮らししたい。一人でやってけるほどの生活力と自由を手にいれる。もっと自分が生きやすく、元気になれる暮らしを自分で創りだしてゆこう。ごはんにしても、風呂にしても食べたい時に食べて、入りたい時に入る。寝たい時に眠る。本を読みたくなれば読む。家を出たくなれば、出かける。引っ越ししたくなれば、する。そんな自由さがほしい。

 

三つくらい自分がやりたいことを挙げてみたけど、やっぱり自分の根源的な部分で行動力だったり、試行しまくるだけの意志の強さが必要になってくるもんだな、、と思った。

今の自分にはそれが欠けていることがよくわかるから、凄く大変だけど、実行したい。考え方をいままでの状態からすこしずつ変えていくことが大事。それが強くなるってことに結びついていると感じている。

 

行動を促しつつ、考え方も矯正していかなけりゃならないんだ。行動することで、少しは脳みそのプログラムも動いていてくれるはず。。だから行動したり、試したりすることが自分を救うことになる。

 

脳内親にからめとられている自分を救い出す。どうも「終着点が母親、、」みたいなものが気持ちが悪い。そうじゃなくて「終着点は自分の意志」なんだ。

 

くよくよしないで、いつでも堂々としていたい。変わりたい。

 

くよくよする人生を辞めたい。

あるがままに生きたい

そうなれるようにいろいろと無理をやめたい。

いじくらなくていいから、、って言いたい。

 

来年はあるがままにやればいいなって思っている。

恥ずかしいかもしれないし、とても困難かもしれない。

 

でも、もう無理はいらないっしょ!って気分。

そんなんで好かれたりしても意味ないし。もっと自分でよくない?って思った。

 

自分でいいんだ、自分でさ。

 

自分の気持ちくらい自分で掴めよ。

自律なんて大して難しいことじゃない。

 

ただ、制約をはなれたところでナニするかって、、それだけが問題だ。

 

やりたいことなけりゃ、どこへいったって同じだ。

 

寝るっきゃないっ!