趣味の世界

興味のある事

自律に向けて。

2017年2月2日

 

自律に向けて走り出したばかり。

このまま親の元にいて、親にいちいち自分の事(仕事、恋愛、趣味などのプライベート)を報告したり、確認されたりしていては、僕は一生自律できずにこのまま生を終えてしまう気がした。

 

その不自由さ加減に嫌気がさす。

 

親と離れて、自分自身でいろいろなことを決めたり、動いたりしなきゃならない。他力本願なところも良くないとおもった。自分が相手の手駒になる感覚は避けたい。もっと自分の意思表示をしてゆきたいのだ。

 

自分が落ち着ける空間(部屋)をつくりたい。自分が選んだものを部屋に置いて、カスタマイズしつつ、要らないものを捨てて、必要なものだけに囲まれたすっきりとした生活がしたい。

 

 
 
参考文献「必要十分生活−少ないモノで気分爽快に生きるコツ」著;たっく

 

 

手に職をつけたい。(仕事をしたい)自分の特技がほしい。仕事で通用する特技をみつけたい。会得したい。一生やってける、、とまではいかなくても、やっぱりその特技だけで十分に長い間生活をやってける程のものを求めている。

 

一人暮らししたい。一人でやってけるほどの生活力と自由を手にいれる。もっと自分が生きやすく、元気になれる暮らしを自分で創りだしてゆこう。ごはんにしても、風呂にしても食べたい時に食べて、入りたい時に入る。寝たい時に眠る。本を読みたくなれば読む。家を出たくなれば、出かける。引っ越ししたくなれば、する。そんな自由さがほしい。

 

三つくらい自分がやりたいことを挙げてみたけど、やっぱり自分の根源的な部分で行動力だったり、試行しまくるだけの意志の強さが必要になってくるもんだな、、と思った。

今の自分にはそれが欠けていることがよくわかるから、凄く大変だけど、実行したい。考え方をいままでの状態からすこしずつ変えていくことが大事。それが強くなるってことに結びついていると感じている。

 

行動を促しつつ、考え方も矯正していかなけりゃならないんだ。行動することで、少しは脳みそのプログラムも動いていてくれるはず。。だから行動したり、試したりすることが自分を救うことになる。

 

脳内親にからめとられている自分を救い出す。どうも「終着点が母親、、」みたいなものが気持ちが悪い。そうじゃなくて「終着点は自分の意志」なんだ。

 

くよくよしないで、いつでも堂々としていたい。変わりたい。

 

くよくよする人生を辞めたい。

あるがままに生きたい

そうなれるようにいろいろと無理をやめたい。

いじくらなくていいから、、って言いたい。

 

来年はあるがままにやればいいなって思っている。

恥ずかしいかもしれないし、とても困難かもしれない。

 

でも、もう無理はいらないっしょ!って気分。

そんなんで好かれたりしても意味ないし。もっと自分でよくない?って思った。

 

自分でいいんだ、自分でさ。

 

自分の気持ちくらい自分で掴めよ。

自律なんて大して難しいことじゃない。

 

ただ、制約をはなれたところでナニするかって、、それだけが問題だ。

 

やりたいことなけりゃ、どこへいったって同じだ。

 

寝るっきゃないっ!

 

おれも人だし、おれも傷つく。

何があった訳でもない。何も無かった訳でもない。ただ、衝撃が走った。

ただ僕はそのとき、頭を弾丸で打ち抜かれただけであり、穴からこぼれ落ちる血液はどこへもいかないのであります。

 

どこへもいかないことが僕の唯一の救いでありながらにして、僕は遠くへ行けることをあなたと出会えることを心待ちにしていたのであります。僕の真っ赤な血を受け止めて欲しかったのであります。ワケのわからん奴の血を受け止めるくらいならば。

 

僕は自分に自信があったのかときかれれば、それは違います。自信なんてある訳がありませんでした。現時点においたって自信という言葉の真意が何を指し示すものなのかがわからないままでいます。

 

寄ったり離れたり、短期間の間でピストン運動。はげしく疲れました。

 

 

私がキチガイなのは私もよくわかっているのですが、私の執着は同時に私の芸術でもあり、私はそれによって絵を描けたりするのらしいです。自己の解放なので、つまるところヴィンセントヴァンゴッホの「ひまわり」までは到達出来ないのであります。

 

だって、あれはゴーギャン宛にゴッホが初めて人の為に描いた絵だから。

 

僕は僕自身の為に働き、絵を描き、傲慢になり、暴力を振るいました。

 

こんなやつに解放宣言はいりません。解放なんてしちゃダメです。魅力なんて無いんです。だから放っておかれたのです。だから断られたのです。噓で塗固められたのです。それまでの自分がどうであったのか、約束をしたあの日の自分がどうであったのかは今となってはもう思い出せません。ポンコツ。

 

 

僕はアナタが好きです。恋多きロボットです。すぐにfall in loveです。くだらないと思わないで下さい。ボクは6割くらいキミが好きです。4割はゼツボウです。だから、くだらない訳はないんです。多分。

 

 

どうして、アナタの声はそんなにも美しいのだろうか。僕の耳にはあの声が残っていて離れない。でも、もうその声を同時に失っている。