趣味の世界

興味のある事

いちにちずっと引きこもり。

やはりおれは引きこもりなのか、、。

 

先日から、書き始めている文章。どういう形かは未定だが本にするつもりだ。しかしながら、本を書くのも中途半端になってしまっている。PC断食をしなければならない。自分が移動して、インターネットから離れる習慣をつくらねばぁ〜。

 

自分の考えをまとめる作業としての作品になる予定、ちょっと覚悟をもって粛々とやる必要があると思っている。覚悟を持ってね。

 

悪魔の習慣から抜け出すのだ。

 

抜け出たほうが確実に楽しいことが待っている。

そうだ、抜け出そう。

ダラダラと過ごすと疲れるのは本当のようだ。動いている時よりも疲れがある。

 

晩ご飯はジャガイモとキャベツの野菜炒めと玄米。

胃に効いている。ジャガイモのジャブが破壊力あるなあ〜、、。

 

ファミリーサイズのポテチ二袋分程のジャガイモを食べた気がする。

寝起きで胃がもたれてる。

感化されること

7/24の月曜日の日記です。すっかり寝ちゃっていました。

 

今日は朝から下半身を程よくほぐす為に公園へ行き、色々と運動してきました。

 

家からほぼ出ない引きこもりがなんでこんなことを急にやりはじめたのか?

理由は感化されることにあります。

 

 

最近知ったのですが、Youtuberのジョーさんという人がいて、AmebaTVという媒体で亀田興毅さんとボクシング対決したみたいです。もちろんジョーさんは素人で(高校の頃に少しボクシングをかじったことがある。二年くらいらしいです。)挑戦者。結果は3ラウンドKO負けでしたが、観客からみてもかなりおもしろいファイトをしています。

 

 

abema.tv

 

この金髪のがジョーという男です。僕もジョーさんについてあんまり良く知らなくて、ちょっとだけ動画を拝見したんですが、過去にはアメリカ横断をヒッチハイクや路上パフォーマンスして稼いでバス代にしたりしていて、飯どころはほぼマクドナルドでした笑

あと、色んな人からチップ貰っている姿が印象的でした。アメリカってチップ文化が根付いているのかな、凄いね!

 

そのジョーさん、今は3ヶ月でプロボクサーになる挑戦をしているみたいです。ジョーさんは人はやれば出来るってことを自分を通してみんなにわかって欲しくて活動している情熱系youtuberっぽいです。

大体youtuberの人たちをみていると、オモシロ系実験、、理科の実験の延長線上で大人だからできる無茶を楽しくやって見せる、、人たちが多いのですが、ジョーさんはなんか違う。異例というか、ただ真面目な人なのかもしれないです。

だからこそ、みているとやる気貰えると言うか、こっち側にもペイされるような特典がついてくるんですよね。ジョーさんがプロボクサーになる為に亀田ファミリーにしごきを受けている映像もAmebaTVで無料で公開されています。

 

 

abema.tv

 

単純に面白いです。ヒト事だからなのか、、、しかしながらコレを観ている最中、観た直後に「おれもやってやろう!」って思う気持ちが僕にも湧いてきて、やる気が実際に短時間ながら出たりするんです。→ほんまに短時間ですけどね!笑

 

ここがミソです。ほんまに短時間ながらもやる気をだせる!そういう特典つきのおもしろ動画ってかなり貴重だとおもいます。映画「ロッキー」を観た後もそうでした。いきなり腕立てしてみたり、腹筋してみたりしました!ほんまに微力なやる気がひきこもりには大事な気がしています。普段は一人ぼっちで"ぽけぇ〜"っとしているわけですから。動物でいえばナマケモノだとおもっています。

 

ジョーのプロボクサーへの挑戦を観て、毎日動かなさすぎて壊死しそうな下半身をほぐす運動をしようと公園へ出向いたのです!これは大きな原動力が動いたという証拠ですね。

 

一時間くらい鍛えましたか、、。入念なストレッチ、反復横跳び、入念なストレッチ、激しい運動、入念なストレッチ、たまに逆上がり、、そんな感じで動いてきました。

おかげさまで脚の筋がいい具合に柔らかくなって伸びた気がしています。ただ動かすだけではダメだとおもうのですが、キチンとした動かし方を学べばもっと良い効果がでるんじゃないかと思っています。ただ、僕が望むのは圧倒的な短時間でその場で出来て、簡単なストレッチです。そういう技を会得しておけばピンチになった時一人でいくらでもできます。しかも人に習うよりは、自分の体なので、自分の体の声を聞きつつ、対話しつつ、独自で作っていった方が良さそうです。

 

というわけで、最近の目標は健康的な下半身を維持することと、なっています。

 

今日のご飯も相変わらず牛スジ煮込みでした。そうめんを添えて。

 

27、28日は愛知へいくかも・・!?奈良美智 個展「for better or worse」

奈良美智さんの個展が豊田市美術館で開催されているらしい。9月24日まで。

 

僕は4年程前から奈良さんのファンで、彼の生き方に憧れた。特に僕の印象に残ったのは奈良さんはロンドンへ渡り、一人で自室にこもって絵を描いたということにある。もちろんこもりっきりではなかったろうけれど、大体を音楽CDをかけながら、絵と向きあって、いきていく彼の姿を想像した時に本当に良いなあ〜と思った。羨ましいとかではなくて、その光景、その雰囲気、完結した空間が良かった。外に拡がりを持つことのない感じ、、奈良さんは夜、窓の外が真っ暗なのを観て、まるで今宇宙船に乗っていて、僕一人だけがひとりぼっちで世界にあるように感じた、、とおっしゃっていたのをどこかでみた。その中で描かれる絵が人の顔だった。なんかすごく好いなっておもった。奈良さんは"本当"を体験しているんだな、、じゃないけれど、その籠って一人きりで絵を描いている時間に"奈良美智の本当"を生きているんだと感じた。

 

 

人それぞれに"本当"というものがあるとするならば、その"本当"は綺麗であっても汚くても、たぶん美しいんだろう、と僕は思う。

 

奈良さんの好きなロック、音楽、、というものは全てその人たちが"本当"を生きている人たちだからなんじゃないかって僕は思う。

人間の尊さとか生き物の尊さ、美しさを感じる時にある自分の状態というのは、大体においてボーッとその対象を見つめている時にある。魅了されているというか・・。

自分が常日頃生きているというだけで働くパワー、つまり"生"が、隣で生きている人の"生"のチカラに思わず呼応する形でボーッとするんじゃないかな、と思うのだ。僕はそれを感じるたびに、生き物のチカラを信じることになる。すげぇんだ、生き物って。生きているだけですごい!となる。

 

なんかそれに気付かせてくれたのは僕にとっては奈良美智さんじゃなかったかと思う。

 

 

奈良さんの大きな絵からはその静謐さをいつも感じる。人の顔がおっきく描かれた大きな絵には人の尊厳がある。生き物の尊厳があるように感じる。実際に近くでみたことがないけれども感じるくらいに。だから実際に近くでみて、体感したいことがある。

それは生きていることをワクワクさせてくれる喜びな気がしている。

 

 

 

で、、、27日、28日は愛知へいこうかなあ〜なんて考えております。今日も夕方うとうととしてきて、寝ちゃって、0時に起きるという、、、完全に夜型になっちゃってますが、どうなるんでしょう。。

 

愛知といえば、名古屋市科学館プラネタリウムだ、、!ということで、これも一人で観に行こうかと計画してました。鬱っぽくならなければ小旅行へ行ってみたいと思っています。

 

今日は昨日と同じく牛スジ煮込み、、ラーメンにしてみました(^0^)

f:id:YYYYYYYYYYmmm:20170723120741j:plain

 

 

 

奈良さんに影響を受けて描いていた顔の絵

 

f:id:YYYYYYYYYYmmm:20151220162314j:plain

 

それでは、グッナイッ!👍